若い内はまだ健康に対してさほど気にする事がないのは当然ですが、だんだん年齢を重ねていくと体も衰えていき、病気等にも罹りやすくなってしまいます。そんな自分の健康状態を知る為の一つとして血圧を測ってみましょう。

血圧の基準値を知る

血圧が極端に低い、または極端に高い状態が続くと、体に様々な影響があらわれるようになります。特に高血圧の状態は、腎機能障害や動脈硬化、心疾患や脳血管の発症リスクを高める要因であることが明らかになっているため、早期に発見し、症状の改善をはかることか重要です。しかし極端に低い場合にしても、極端に高い場合にしても、初期の段階で出てくる自覚症状はあまり特徴的でないことも多くあります。ですから日頃から自分の血圧値を把握しておくこと、そして基準値に照らし合わせてその数値から著しく逸脱していた場合は、早急に医療機関にかかることが大切です。血圧の値に関しては、その人の健康状態や計測する時間や場所、またそれぞれの機関などによって基準とされる値は微妙に異なっています。しかし数値として、それほど極端に大きな差があると言うことはありません。日本高血圧学会では、最新の基準としては上の数値が140mmHg、下の数値が90mmHg未満であるのが基準値であり、様々な合併症を予防する上でも望ましい数値としています。そして機関によっては、上の数値が130mmHgから120mmHgに設定されている場合もあると言う具合です。いずれにしても共通しているのは、特に上の数値に関しては120mmHg近辺であるのが望ましいと言うことであり、低い数値であった方が脳卒中などの合併症を引き起こす可能性は低くなると言うことです。この基準値をもとにして、低血圧は上の数値が100mmHg以下である状態が続いていること、高血圧は上の数値も下の数値も常にオーバーしている状態が続いていることを指します。そしてこちらの場合は、どれくらい基準値をオーバーしているかによって、3段階に区別されます。またその前段階として、正常高値と呼ばれる段階があり、これと診断された場合にはいわば高血圧予備軍に該当すると理解することができます。

拡張期血圧について

血圧の値というのは、血管の硬さと血流量によって決まります。そして血圧には、拡張期血圧と収縮期血圧があります。拡張期と言われるのは、心臓が拡張している状態のことです。そして最低血圧とも呼ばれます。反対に収縮期というのは心臓が収縮をしている状態ですね。自分で毎日測定をしているような人は、自分の普段の値がおおよそわかるでしょう。またもともと疾患があり、頭痛や吐き気など何か症状があれば、今は高い状態かな、低い状態かなと予測することもできます。そして人によっては拡張期と収縮期の両方が正常値よりも上昇する人、どちらか一方は上昇する人などいろいろなタイプがあるのです。きちんと診断がつくのは、収縮期が140mmHg以上、そして拡張期が90mmHg以上の時で、それが持続をする場合には、何らかの異常があり、治療の必要性があるために診断がつくようになります。一般的に、最高である収縮期の血圧が問題ない場合には、診断がつかないのではないかという人もいます。しかし実際は、収縮期が正常範囲内であっても拡張期が高い場合には、注意が必要と言われます。診断を付ける時には、収縮期と拡張期の差もまた重要になるからです。血圧は血管の老化によるものや動脈硬化などがある場合、そして自律神経なども関連しています。そのために、いろいろな面からその原因や今後のリスクを探って行かなくてはいけないのです。それを知るためには、自分で血圧を毎日計ってみる。何かいつもと違う体調不良の症状がある時には、測定をしてみるなど、体調を考慮して定期的に測定する必要があります。それを積み重ねることによって、自分の値を知ることができるようになるのです。

血圧測定器で人気のメーカー

現在では、家庭で手軽に血圧を測ることができる、家庭用血圧測定器を販売しているメーカーがいくつかあります。このメーカーのなかで、特に多くの人たちに支持されている製品を提供しているメーカーが、オムロンヘルスケア株式会社になります。
オムロンヘルスケア株式会社は、家庭用と医療用の健康機器の、開発や販売を中心に行っている会社です。京都府と中国と米国の3つに研究開発拠点があって、三重県と中国、ベトナムとブラジルの4つに生産拠点があります。血圧測定器や体温計、体重体組成計などの、自宅で使用できる製品や、動脈硬化や内臓脂肪を測定することが可能な、医療機器を販売しています。
オムロンの血圧計は、1億台を超える累計販売台数の実績をもっています。このことからも、人気の高さがうかがえるものです。血圧計には、上腕式のカフを腕に巻きつけるタイプと、上腕式で腕を通すだけで自動にて測定してくれるタイプ、手首式のカフを手首に巻いて測定するタイプなどがあります。
その中でも、たくさんの人に人気がある製品が、上腕式のカフを腕に巻きつけるタイプになります。ひとりでも、簡単に片手でカフを巻くことができますし、正しく巻けているかを知らせてくれる機能もついていますので、正確に血圧を測定することができるでしょう。血圧変動リズム管理を行ってくれたり、前回測定した数値を記憶してくれる機能がついた製品もあります。
健康のバロメーターにもなるため、毎日決めた時間帯に継続して測定し、管理されるのもいいでしょう。家庭で血圧を測定することによって、一日のなかでの体調の変化や、異変に気がつきやすくなるものです。ぜひ、使用されてみてはいかがでしょう。
■血圧の調整に
ロサルタンは持続性があります
■世界的にも有名な高血圧治療薬もおすすめです
ノルバスクの効果